水漏れの確認方法


水漏れは目に見える場所だけに起こるとは限りません。水漏れしている可能性を感じた時は、どのように確認を行えばよいのでしょうか。

メーターまず、家中の蛇口や水栓、水道を止めます。洗濯機の水栓など、普段から常に開けている水道も忘れずに閉めましょう。次に、元栓の場所にある水道メーターを見て、小さいコマが回転していれば水漏れを起こしている可能性があります。もし漏水の恐れがあった場合には、どの場所から水漏れしているのかを探してみましょう。

水漏れを確認したら、必ず止水栓もしくは元栓を閉めて水の流れを止めましょう。止水栓にはマイナスドライバーを使って操作するものと、ハンドル・バルブ型のものがあり、いずれも時計回りに回すと締まります。

水漏れを放置すると、水道代が高騰するだけではなく、一戸建ての場合には床上浸水の恐れがあり、集合住宅の場合には階下の部屋にも被害が及んで、被害額を請求される場合もあります。また、食洗器やウォシュレットを使用している場合は感電の危険もあるので、早期に対応することが望ましいです。

水漏れの原因箇所が自分で特定できれば、業者に依頼しなくても修理が可能な場合もあるので、慌てずに以上のような方法でまずは確認してみましょう。