水漏れの原因


水漏れの原因がよくわからないという方も多いと思いますが、早めに原因の特定ができれば、修理の対応方法も異なってきます。主な水漏れの原因には、どのようなものがあるのでしょうか。

漏水の原因にはいくつかのパターンがあります。まず、水道の老朽化や経年劣化です。蛇口や配管など、水道関連の部品の耐用年数は10年前後と言われています。部品の寿命によって水漏れが考えられる場合は、新たな部品に交換することで直すことが可能です。

水漏れ水道次に、ナットやパッキンなどの、内部パーツの故障や緩みも考えられます。水道周辺の金具の接続部分に使われているナットに緩みがないか確認し、締め直すことで水漏れが直るケースもあります。緩みがない場合は、ゴムパッキンが劣化していることも考えられるので、新品のパッキンに交換することで直る場合もあります。

その他に、排水管の詰まりや、水道管の破損が起こっていることも考えられます。排水管の掃除を行い、詰まりが見られない場合は、水漏れ箇所全体の部品を交換することを考えましょう。蛇口や水栓なら本体そのものを、配管ならパイプ全体を取り換えることで、直ることが多いと言われます。

以上が主な水漏れの原因と、自分でできる対応策になります。ご紹介した方法でも治らない場合は、水道修理業者に問い合わせすることをおすすめします。